インスタンス作成からJenkinsのアクセス制限設定まで。

注意!

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。

インスタンス作成

無料枠AMIの Ubuntu Server 18.04 LTS (HVM) を使用。

セキュリティグループのインバウンドルールにJenkinsのデフォルトポート8080を追加。

Runs Jenkins listener on port $HTTP_PORT using standard http protocol. The default is port 8080.

(from Starting and Accessing Jenkins - Jenkins - Jenkins Wiki)

Jenkins インストール

基本は「How to Install Jenkins on Ubuntu 18.04 | Linuxize」の通りに実行。

Administrator password の入力が求められた際に、指定されたファイルが存在しなかった。(権限周りで上手く行っていないみたい)

amazon ec2 - What is the default Jenkins password? - Stack Overflow」の回答の通り実行するとJenkinsに入ることができる。

ここの数秒で、URLさえ知ってれば誰でもJenkinsに入ることが出来るので注意したい。

Jenkins アクセス制限設定

初期状態はアクセス制限が設定されていない。

  1. 「グローバルセキュリティの設定」 > 「ユーザー情報」 > 「Jenkinsのユーザーデータベース」 > 「ユーザーにサインアップを許可」を有効に
  2. ログアウト
  3. ユーザー作成
  4. ログイン
  5. 1.の設定を無効に

以降は、Jenkinsにアクセスするためにログインが必要となる。

参考